アダルトチルドレンーインナーチャイルドを知ろう

またやってしまった!

 

 

自分で自分が嫌いになる。

 

 

わたしの子供として生まれたわが子が哀れだった。

 

 

 

こんなに可愛いのにいつもひどいことばかりして
しまう自分。

 

 

 

かわいそうなことをした・・

 

 

いつも心の中では息子に詫びていました。

 

 

 

無邪気な息子は小さいながらも親の役にたちたいって思って
いたらしいけど、それが時には邪魔に思えたことがありました。

 

 

 

たとえそれが子供が善意でしたことさえ、わたしは
自分が気に入らないと、いつも怒ってしまいました。

 

 

 

「いいからあっちに行きなさい!余計なことをしないで!」
そう怒鳴って、思わず子供を突き飛ばしてしまいました。

 

 

 

大人の力で思いっきり突き飛ばされた子供は思いっきり
飛んで行きました。

 

 

 

飛ばされた先で大泣きした息子を見て「またやって
しまった・・・!」と、自分で自分が嫌になりました。

 

 

 

その夜、ノートにその時の思いをつづりました。

 

 

 

「いつも怒ってばかりでごめんね。ママは悪いママね。
かわいいあなたを悲しませてばかりで。
あなたが悲しそうに泣く姿をみてママは心が痛みました。」

 

 

 

泣きながら眠ってしまった子供の寝顔を見て思わず泣きました。

 

 

 

どうしてもとまらない子供への怒りの感情。

 

 

 

何故なんだろう?

 

 

 

かわいいのに。こんなに愛しているのに口を開けば
傷つけてしまう。

 

 

ちょっと気に入らなければすぐに怒鳴る自分。

 

 

手がでてしまう。

 

 

かわいい顔に平手打ちが飛ぶ。

 

 

 

したくてしてるんじゃないはずなのに、止められない。

 

 

夫はしまいには「おまえはノイローゼだ」
私を責めました。