アダルトチルドレンーインナーチャイルドを知ろう

アダルトチルドレン特徴

アルコール依存症の家族の中で子供時代を送った大人達をさしていました。
1970年代から注目されてきたアダルトチルドレンですが、のちにアルコール依存症の家族だけでなく
機能不全家族に育った子供である「アダルトチルドレン・オブ・ディスファンクショナル・ファミリー」(ACOD)も みとめられるようになりました。

 

ところでアルコール依存症とは、みなさんもよくお分かりだと思いますが、「機能不全家族」については、
初めて聞く言葉だという方も多いでしょう。 他のページで「機能不全家族」についてご説明しますので、
とりあえずここではウォイテッツという、 「アダルトチルドレン・オブ・アルコホリックス」の著者が論じる
13個の心理的特徴を列挙しておきます。「ウォイテッツの13の心理的特徴」

 

 

@正しいと思われる事に疑いを持つ

 

A最初から最後まで、一つの事をやりぬくことができない

 

B本音を言えるようなときにウソをつく

 

C情け容赦なく自分を批判する

 

D何でも心から楽しむ事ができない

 

E自分の事を深刻に考えすぎる

 

F他人と親密な関係を持てない

 

G自分が変化を支配できないと、過剰に反応する

 

H常に承認と称賛を求めている

 

I自分を他人とは違っていると感じている

 

J過剰に責任を持ったり、過剰に無責任になったりする

 

K忠誠心に価値がないことに直面しても、過剰に忠誠心を持つ

 

L衝動的である。行動が選べたり結果も変えられる可能性があるときでも、お決まりの行動をする。

 

 

その衝動性は、混乱や自己嫌悪や支配の喪失へとつながる。
そして混乱を収拾しようと、過剰なエネルギーを使ってしまう

 

 

いかがでしたか? この中でいくつかあてはまる項目があれば、あなたもアダルトチルドレンかもしれません。

 

 

また、「ウォイテッツの13項目」以外に、もう少し具体的な心理状態のヒントを。

 

1985年に「アダルトチルドレン・オブ・アルコホリックス・シンドローム」を刊行したクリッツバーグによる、

 

アダルトチルドレンの心性恐怖心、怒り、精神的な傷つき、
恨み、邪推、孤独感、悲哀、屈辱感、自責感、無感動「オール・オア・ナン」による絶対的確信・
強迫的思考・優柔不断・学習の障害・混乱・過敏危機志向型人生・操作的行動・親密性の障害・
楽しむ事の困難・注目を引くための集団への参加など

 

・・・・・・などなどがアダルトチルドレンの特徴です。

 

 

いくつかあてはまり、機能不全家族で育った人は、アダルトチルドレンかもしれませんね。

 

 

でも大丈夫。アダルトチルドレンは、病気じゃないんです。

 

 

生まれ育った家庭環境でのトラウマなのです。

 

 

あなたは、何も悪くない。ちょっと傷つきやすいだけなんです。

 

傷つきやすいと、人が傷つくことにも敏感ですよね。

 

 

それは、心の勲章です。